« 小淵沢カンファレンス② | トップページ | 小淵沢カンファレンス④ »

小淵沢カンファレンス③

3日目からは朝食前にエクササイズのクラスがあります。

これも、ピラティス、ヨガ、メリディアンエクササイズの3つから選びます。

一緒に宿泊している大阪メンバーはみんな早起きで、クラスの前に朝の散歩なんて行っています。

どうやら近くで朝市をやっているようなので明日見に行かなくては。。

まだ九州では残暑が厳しかったのですが、さすが山梨、朝晩は長袖の上着が必要です。

クラスはメリディアンエクササイズ=導引をチョイス。

マクロビオティックでは、お食事だけでなくからだを動かすことも気の流れをよくするためには欠かせません。

この導引は仙人のラジオ体操catfaceと言われるくらい、毎日の気の流れをよくするための簡単な運動です。

芝生の上に裸足で立って大地からのエネルギーを感じながらやると効果倍増ですgood

2010_09222010topponntino0009 経絡を意識して、ゆるやかに全身を動かし、呼吸もそれに合わせていきます。

激しい動きはありませんが、経絡を通して臓器が刺激されると

終わった後にじんわりとした気持ちよさが感じられます。

久しぶりにやりましたが、やっぱり導引ってイイsign01

毎日やらなきゃもったいないですねdash

導引クラスもやりたいsign03とまた願望を抱きつつ、朝食へ。。

午前中のクラスはパトリシオの授業を受けることに。

テーマは身土不二。

山梨の郷土料理、ほうとうやパトリシオの故郷スペインのパエリアをアレンジして作ってくださいました。

P1010633直径51センチのパエリア鍋は迫力ありますeye

ご自宅が山梨なので、お子様5人!と奥様もご一緒に参加です。

上のお姉ちゃん2人はパパにべったり~。

分搗き米での紹介でしたが、うふめしでは玄米でアレンジしたものをやる予定ですnote

いつもはレシピをしっかり書いてクラスをしてくださるのですが、

今回は白紙のレシピが。

『今までは、教えすぎた。考える力をつけてほしい。』と。

わかります~。

教えることは簡単です。

でもそれではなかなか育たないことに長年マクロビを指導する立場に立っていて気付かれたのでしょう。

失敗は経験です。

何度もやって初めて身につきます。

そもそも、料理はひとりひとり違ってあたりまえ。

塩の加減や、火の通し方など素材と向き合いながらその季節や体調に合わせてやるものです。

レシピにするほうが難ですよね~。

と、レシピおこしが苦手な私は、やけに納得しながら今回の白紙のレシピを受け取りました。

昼からは『食品の裏側』の著者安部司さんを招いてのシンポジウムです。

いつも持参の何十種類の添加物の粉の実験はありませんでしたが、

テンポのよいトークにみなさん引き込まれていました。

そして、久司先生のお話です。

毎日お話が聞けるなんて本当に有難いことです。

「あなたの夢は何ですか?」

と昨日私たちに問いかけられましたが、

今日はご自分の夢を語ってくださいました。

それは、私利私欲ではない壮大なものでした。

自分ひとりでは無理、そして生きている間にかなえるのも難しい、とおっしゃっていました。

人類の未来に必要なことです。

その根底であるマクロビオティックを実践し、広げていくこと。

改めて自分の道を確認しました。

夕食の後は歌手の加藤登紀子さんの次女Yaeさんのライブです。

毎年のオファーに予定が合わず、今回ようやく実現したそうで、なんともラッキーですscissors

半農半歌手として活躍されているその歌声とお話は想像以上にエネルギッシュでした。

今日でほぼ、カンファレンスのカリキュラムが終わりなんてあっという間すぎますbearing

レポートはまだ続きます。。

|

« 小淵沢カンファレンス② | トップページ | 小淵沢カンファレンス④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554381/49668554

この記事へのトラックバック一覧です: 小淵沢カンファレンス③:

« 小淵沢カンファレンス② | トップページ | 小淵沢カンファレンス④ »