« 包丁研ぎクラス。 | トップページ | 使ってみたい地球暦。 »

茜染めワークショップ

今日から冨田さんのクラスが始まります。

今日は初めての染物教室。

うふもまったく経験がないので楽しみにしてました。

草木染、これまたパステルアートと同じで

感性で作っていくという感じ。

Dsc01630昨日から浸しておいた茜の根っこを温度に注意しながら煮出していきます。

一番だし、二番だし、と延々とその煮汁は使えます。

どの段階の煮汁を使うかによって色合いが変わるのですが

薄くなるというより、透明感が変わってくるという感じです。

Dsc01636今日は手ぬぐいを一番だしと二番だしを合わせたものにつけて染めました。

Dsc01637色を付けたくないところはひもや輪ゴムでしばります。

Dsc01640お水の質や量、温度などによって毎回色合いが変わるそうなのですが

今回は今までやった中で一番色が濃いsign01と言われました。

でも派手な赤とは違って

落ち着く色で、その間にかおる茜の香りもどこかでかいだような

何とも心地の良い香りでした。

胎児がおなかの中で見ている色と同じ、

というのがよくわかりましたconfident

Dsc01643どれも素敵に染まっていましたよ~shine

オプションでみんないろんなものを染めまくり。

冨田さんが帰られてからもずっとみんなで染めてましたdash

Dsc01650コットン、麻、ウール。布によってこんなに色の出方が違うんです。Dsc01651教室の真っ白なダスターも染めちゃいました。

Dsc01653オーガニックコットンのシャツや布ナプキンまでうふは染めちゃいましたよ~smile

茜は保温作用が高く、浄血や造血など血液にまつわる薬効があるので女性にはうれしいですね。

妊娠中の生徒さんは腹帯を

また、出産祝いに大判の布を染めている生徒さんもいらっしゃいましたgood

こんなにも草木染が楽しいなんて、、はまっちゃいそうです。

とっても素敵な時間を過ごすことができました。

冨田さん、ありがとうございましたsign03

また、リクエストがあればやっていただきますのでお声をかけてくださいね。

明日の夜は地球暦のワークショップです。

こちらも楽しみですnotes

3・11のワークショップは人数多数のため締め切らせていただきます。

今日もありがとうございましたclover

|

« 包丁研ぎクラス。 | トップページ | 使ってみたい地球暦。 »

教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554381/56853231

この記事へのトラックバック一覧です: 茜染めワークショップ:

« 包丁研ぎクラス。 | トップページ | 使ってみたい地球暦。 »