« お顔の気になる部分は、、 | トップページ | 初めての。 »

自分のために。

Dsc04635桜があちこちで咲き始めましたね~。

夜は書道教室『墨人庵』でした。

今日もみんなで臨書です。

子供のころのお習字は先生の書いたお手本があって、

朱色で添削されたり花丸もらったりという

いかに上手く書くかを競い合う世界でした。

けれど、『墨人庵』では違う世界が広がっていました。

墨人・堀尾氏のつぶやきから改めて書を書く意味を考えさせられました。

***

「書・書道とは何なのか

今日はそんなことを考えてしまう一日でした。
僕は書道家であるけれど、墨人(BOKUJIN)と名乗っています。
何故か?
それは偉大なる先達たちの偉業を踏襲しながらも新たな文字の書き様を作っていく人間というような意味合いで名付けました。
墨人の日常は9割が臨書に費やされます。
臨書とは偉大なる書道家たちの古典を真似するというような軽いものではなく、古典を透して自己と向き合うというくらいまで突き詰めていく行為です。

古典ととことん向き合い、自分ととことん向き合うことで僕の中に偉人たちのエネルギーが充たされていきます。...
そのエネルギーが新たな作品
を書かせてくれるのです。

書は人と競うものではありません。
人より上手くなりたいと思うのではなく、今現在の自己を乗り越えていこうと思って書くのです。

そんなことを考えた一日でした。」
***
堀尾氏はとんでもなくかっこいい作品を作られるのですが、
それは日々の臨書の賜物なのです。
Dsc04644
楷書→草書→行書→隷書と一通り臨書したら
それぞれ練習したい、するべき文字を選んでいきます。
Dsc04648
こんな感じに違う古典の教材を使っていきます。
Dsc04643
もう、練習は自分自身との戦いです。
この鍛練はいろんなことにも生きてくると思います。
あまり練習時間が取れないうふですが、
とても大切な時間です。
今日も集中した~!!
次回から時間が19時~に変更になりました。
4/8(火)19時~
いつからでも参加できます。
お気軽にお問い合わせください。
今日もありがとうございました♪

|

« お顔の気になる部分は、、 | トップページ | 初めての。 »

教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554381/59356145

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のために。:

« お顔の気になる部分は、、 | トップページ | 初めての。 »